美白したんです
ホーム > ページ > ページなどについて

ページなどについて

勉強しました。ページ展開でなにかを「読ませる」「見せる」といったものにはカタログ・パンフレット・雑誌・単行本などの書籍などがあります。表紙は、内容を象徴的に表現するか、または内容の一部を強調するような表現を考えてみましょう。目次は、誰もが一読して内容が分かるような項目をつくることを目標にし、分かりやすい言葉でのタイトルづくりや、項目の順番を考えてみましょう。目次の項目をつくって、いろいろに並べかえてみることで、印刷物のページ展開の構成が適切であるかを判断できる場合があるので、目次をつくることはとても重要な作業です。本文は、読者に内容を分かりやすく正確に伝えることがたいせつです。文章やさまざまな視覚要素の組み合わせのアイディアを、出し合ってみましょう。文章の組みかたには、「縦組み」と「横組み」があります。縦組みにした場合は、ページのめくりかたは右開きとなり、横組みにした場合は反対に左開きとなります。縦組みにするか、横組みにするかは内容との関係で決めましょう。デザインを考えるためには、デザインの対象となる学校(商品)をよく知ることが欠かせません。まず、どのようなことについて調べるか、思いついたことをどんどんメモしてみましょう。

仕事ストレス解消方法